TOYOTAのロゴ

トヨタ・高岡工場|新型コロナで生産停止

3月22日のニュースで、トヨタ自動車は、2人目の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表しました。

最初に確認された1人目と同じ高岡工場(愛知県豊田市)に勤務していた、濃厚接触者として自宅待機をしていました。

男性は20代で高岡工場の製造系職場に勤務しているとのことです。

昨日21日に検査を受け、陽性反応が出たといいます。高岡工場は消毒などのため23日から25日まで一部生産を停止します。

トヨタ・高岡工場 新型コロナ一人目はいつ判明した?

一人目にコロナ感染が判明したのは、3月19日のことです。

その時点で、今回感染が判明した従業員を含むを含む11名が濃厚接触者として自宅待機をしていました。

トヨタ・高岡工場 現在の対応は?

感染が確認された2名が勤務していた高岡工場の該当建屋全体を3月23日~25日の3日間封鎖。

再度の消毒及び感染防止のための対策を検討、実施していくとしています。

これに伴い高岡工場の第1ラインについては、同期間の生産稼働が停止されます。

トヨタの高岡工場では、どんな車種を生産しているの?

rav4

画像:トヨタ公式ホームページ

トヨタ高岡工場

〒473-0938
愛知県豊田市本田町三光1番地

トヨタ高岡工場は、1966年9月から生産ラインが稼働しています。
  
スタートはナントあの「初代カローラ」です。
  
かつてはトヨタ初のFF車であるタ―セルやコルサも生産されていました。
  
現在はRAV4、ハリアー、オーリス、プリウスαなどが作られています。
  
車体そのものを製造する工場です。

トヨタの高岡工場の従業員数は?

2011年12末時点での従業員数は、3,150人となっています。

自動車生産工場では、昼食は満員の食堂で一緒に食べますし、喫煙所は休憩時間はいっぱいです。

これ以上、感染が広まらないことを祈っています。

国外の自動車生産工場は?

トヨタ自動車は、既にフランスとポルトガルにある完成車工場の稼働をそれぞれ停止しています。

18日以降、主力車「カローラ」とエンジンを生産する英国工場、チェコ、トルコの完成車工場、ポーランドの部品工場を順次休止してきました。

また、マレーシアの完成車工場の稼働を23日から31日まで停止することを明らかにしています。

17日からフィリピンの工場も休止するなど、生産への影響が東南アジアにも広がっています。

日産自動車は3月22日までに、新型コロナウイルスの感染拡大でスペインの工場の操業を中止していることを受け、現地で働く従業員約3000人を一時解雇する方針を決めました。

このうち主力のバルセロナ工場は商用車の生産拠点です。

今回の問題で部品調達に支障が出ていたことなどから13日に稼働を停止していました。

SUBARU(スバル)は3月20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国インディアナ州にある四輪車工場の稼働を23~29日の間、停止すると発表しました。

この工場では2019年に約36万9000台を生産しており、減産台数は8500台程度に上ります。