近藤正樹(KFC社長)の経歴や出身大学を徹底調査!

近藤正樹氏とは?

近藤正樹氏は、みんな大好き!ケンタッキーの社長です。

1955年1月5日生れの59才

実は、近藤正樹氏が社長に就任するまでの4年間、日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の業績は低下の一途をたどっていました。

「コンビニ」や「からあげ専門店」などが台頭する、いわゆる"チキン戦争"の影響です。

近藤正樹氏は、それまでの経営方針を一新させ、新たな方策を打ち立て実行してきました。

例えば、

「100日プラン」

100日間という比較的短期の期間で、達成すべき自社の課題を明確化し、その後、克服すべき方策を講じます。

「現場と本部の距離感」

近藤正樹氏は、当事者意識の欠如からくる「待ち」の姿勢に危機感を感じていました。

そのため、毎年全国各地で店長・店幹部との対話会「社員懇談会」を二十数回しています。

現在では、既存店の「売上高」と「客数」を10%近く伸ばしました。

その内容は、カンブリア宮殿(2020年2月13日)で熱く語られています。

近藤正樹氏の経歴

出典:NIKKEI STYLE

昭和53年4月 三菱商事株式会社入社

平成13年4月 同社食品本部コーヒーユニットマネージャー

平成20年4月 伯国三菱商事会社社長

平成22年6月 伯国三菱商事会社社長(兼)ベロオリゾンテ支店長

平成25年4月 三菱商事株式会社生活産業グループCEO補佐(人事担当)

平成26年2月 日本KFCホールディングス株式会社顧問

平成30年4月 日本KFCホールディングス株式会社 代表取締役社長兼日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社 代表取締役社長(予定)

近藤正樹氏の出身大学

出身大学は早稲田大学政治経済学部です。

偏差値は67.5~70.0という、言わずと知れた名門大学ですね。

出身は兵庫県です。

Creepy Nutsと高畑充希が共演しているCMが話題

いま流れているTVコマーシャル、大好きな高畑充希さんが出ているので、見るたびにケンタッキーに行きたくなります。

これです。

高畑充希さんが店内で「ブラックホットチキン」を食べようとすると、隣でCreepy Nutsの2人が「ぶっちゃけ、コショウ最強説じゃない?」「お前昔からコショウ星人やもんな!」という会話をしている。高畑さんは聞き耳を立て、心の中で2人の会話を聞いていたが、「鬼に金棒、肉にコショウ」の言葉に、思わず「分かる!」と声に出し、「辛っ!」と言いながら笑ってしまう。最後は後ろでCreepy Nutsさんがポーズを決める中、高畑さんがチキンを片手に「今日、ケンタッキーにしない?」とお馴染みの台詞で締める。

近藤正樹氏率いるKFCの最近の業績

2019年4~9月期決算の時点で、営業利益が20年3月期通期の予想を上回り、その後の既存店売上高も好調が続いています。

業績予想を「上方修正する」との期待が高まっています。

そして、株価は27年ぶりの高値圏にいます。

今年、設立50周年を迎える「チキンの老舗」は近藤正樹氏の手腕により、株式市場の見方を大きく変えつつあります。

今後のさらなる飛躍に期待ですね。

【PR】

メインサイト専用リライトツール『メイン・サイト・リライター“MSR”』“マウス操作だけで”、目の前にあるどんな文章もリライトできてしまう新発想のリライトツール