川藤のスイング

忘れもしない1985年

われらが阪神タイガースが日本一!になった年。

リーグ優勝を決めた時点で、チームの精神的柱として存在感を発揮したのが「川藤幸三」です。

優勝場面では、監督や主力選手に次いで胴上げされたほどです。

現役時代の成績はさておき、球界きっての破天荒さで武勇伝も数多く、そのエピソードは伝説として語られています。

川藤幸三には、「川藤を出さんかい!」とファンが怒鳴るCMがありました。

満を持して登場した川藤幸三は豪快に三振し、「ホンマに出してどないすんねん!」とファンがぼやくオチが絶品でしたね。

川藤幸三のプロフィール

こっ、こわすぎる・・

川藤と江夏の2ショット写真

画像:スポニチ

出身は福井県。少年時代は、かなりやんちゃだったようですが、佛國寺の甚玄和尚に諭されて、野球に取り組みます。

野球を本格的に始めたのは、小学生のころにテレビドラマ『スクール・ウォーズ』で主人公のモデルにもなった山口良治氏に言われて中学生の球拾いをしたことがきっかけだとか。

若狭高校では、1967年に春夏連続甲子園出場

ナント!春はエース、夏は左翼手で、ともに四番打者として出場したが、いずれも初戦で敗退しています(残念!)

翌68年にドラフト9位で阪神タイガースに入団。

指名された時はピッチャーでしたが、プロ1年目から外野手として一軍デビューを果たしています。

晩年の姿からは意外に思われるでしょうが、駆け出しの頃は、俊足&強肩がセールスポイントでした。

1969年にはウエスタンリーグ最多の30盗塁を記録、同年5月には、1イニング3盗塁も決めています。

30盗塁ってホンマかいな!?

いや~。リアルで見てみたかった。想像できない・・・・・

そのころは、代走・守備要員として1軍でプレーすることが多かった川藤幸三。

先発出場する機会もありましたが、あるとき転機が訪れます。

野球選手には最も怖い「アキレス腱断裂」という野球人生最大の危機に見舞われたのです。

そこで川藤幸三は、バッティングで生きていくことを決意。

これが代打男としての再出発の始まりです。

川藤幸三の現役時代の個人年度別成績

出展:amazon

・打率.236

・本塁打16

・打点108

・盗塁29

・試合771安打211

う~ん、微妙です。
でも、川藤は「記録より記憶に残る男」ですから!

川藤幸三の現役時代の年俸は?

年度別年俸
年度 金額
1980 500万円
1981 520万円
1982 750万円
1983 1260万円
1984 600万円
1985 1200万円
1986 900万円

阪神タイガースが日本一に輝いた1985年オフ。

契約交渉の席で球団から引退勧告を受けるも、川藤は2時間粘って撤回させました。

球団初の日本一で阪神ナインの年俸軒並みアップの中、限度額いっぱいの25%ダウンの900万円でサインしたのです。

「ゼニやない。野球ができるんならそれでええ!」

川藤幸三にまつわる伝説的エピソードを紹介

「ゲーム前の練習で最後に1本、全力でスタンドに放り込むんや。相手に振れてると思わせんとアカンからな!」

試合に先発出場するわけではなかったが、勝負は試合の前から始まっていた。

球団から引退勧告を受けてもなお、勝負強さは健在でしたね。

むしろ磨きがかかったとも言えます。

1984年は13安打ながら、自己最多の20打点を獲得。

通算6本目となる代打サヨナラ打を放っているが、これは唯一の代打サヨナラ本塁打でもありました。

1986年はオールスター球宴に初出場。

セ・リーグの監督の阪神の吉田義男監督からの推薦でした。

そして、第2戦。9回表に代打で登場すると、打球は左中間へ。

すると一塁ベースコーチの王貞治(巨人監督)が腕を回し、「こらアカン」と思いながらも二塁を狙い、余裕のアウト。

“春団治”らしく、しっかり爆笑を取っています。こういうところが、川藤の愛されるところなんですよね~!

川藤 幸三 今、何してる?

野球解説者として、活躍しているのはご承知の通りです。

あの、居酒屋の「酔っぱらいの阪神ファンのオッサン」的な解説が、たまらなく好きです。

「ワシにはわからん!」と言い放ってしまうところが最高!

広沢の訳の分からん解説より100倍楽しい!

と個人的な意見になりましたが、なんと!パソコンの「システム音」に川藤の越場入って発売されたとか。

川藤の声が入ったノートパソコン

オリジナルPCなどを販売するスマッシュコアエンターテインメント(東京都千代田区)が2019年5月31日から受注している「阪神タイガース オリジナルノートパソコン・タブレット」。

本品の最大の特徴は、基本ソフト「Windows10」の「システム音」に、現在は解説者として歯に衣着せぬ語り口が定評の川藤さんのせりふが吹き込まれる点だろう。

「システム音」はWindows10で「操作ミス」や「ゴミ箱を空にする」といった動作時に鳴るサウンドで、この中の一部が川藤さんの声で再生されるという。

これは興味津々だ。

最後に

ファン:「来季、川藤、阪神の監督にせいや!」

球団:「よし!来期は川藤監督でいくぞ!」

ファン:「ホンマにだして、どうすんねん!!」