画像:横嶋彩公式ツイッターより

横嶋彩さんとは?

横嶋 彩 1990年7月3日生まれ

富山県富山市出身のハンドボール選手です。

横嶋彩さんは6人兄弟です!

実姉はハンドボール選手の横嶋かおる、実妹も同じくハンドボール選手の横嶋遥。

スポーツ一家ですね。

横嶋彩さんの経歴

出身校は高岡向陵高等学校、環太平洋大学です。

学生時代から、ベストセブン賞を何度も受賞し、輝かしい成績をおさめてきました。

2012年12月に、姉の横嶋かおるが在籍する日本ハンドボールリーグの北國銀行へ加入します。

2014年には「第17回アジア競技大会」の日本代表に選ばれます。同シーズンの最優秀選手賞とベストセブン賞を受賞。

ここから4年連続で最優秀選手賞とベストセブン賞を受賞。

2019年は、日本ハンドバールリーグ最高殊勲選手賞を受賞という、まさに名実ともに日本ハンドボール会のTOPアスリートです。

横嶋彩さんの怪我(ケガ)について

 

横嶋彩さんご自身のツイッターでも報告されていますが、2019年9月のルウェーでの試合中、前十字靭帯断裂・半月板を損傷されました。

内視鏡での手術を受け、現在はリハビリ中です。

何とか東京オリンピック2020には復帰してほしいですね。

頑張れ横嶋彩選手!おりひめジャパン!

ハンドボール日本女子代表の愛称はなぜ「おりひめジャパン」?

サッカー女子代表の「なでしこジャパン」をはじめ、ホッケー女子代表の「さくらジャパン」など近年はさまざまな女子の日本代表に愛称がありますね。

では、ハンドボール日本女子代表の愛称はなぜ「おりひめジャパン」なのでしょうか?

「ハンドボールに関わる数字は7(コートに立てる人数)。7月7日は七夕の日です。織姫は天の川を越えて彦星に会いに行きます。我々も天の川を越えて、大きな将来を開いていく。日本女子代表が優雅に、華麗で優美にプレーしてほしい。そういう意味を込めました。セルビアで世界に『おりひめジャパン』の名を広めてほしい」

なるほど!少し強引かな?とも思ってしまいますが、
ガンバレ、おりひめジャパン!
ガンバレ 横嶋彩選手!